トップページオーディオ談義
ウオッチリスト - 新しくスレッドを立てる - 一覧 - 御注意

AV機器・アーカイブ- ピュアオーディオ・アーカイブ- 検索- メルマガ- リンク- AV機器掲示板- 相互リンク



【激安】上海問屋 - 楽天カード - オークファン - Yahoo!ショッピング - Amazon.co.jp アマゾン - e2 by スカパー! - 楽天市場 - 地図

このスレッドをウォッチリストに追加 (ウォッチリストから削除)
バランス接続について スレッド削除
No.120-1 - 2001/06/07 (木) 01:43:16 - オタックびいむ
最近アンプを607MOSに買い換えまして、バランス接続を試してみたく
ケーブルを自作したのですが、アンバランスと比べて音量がぜんぜん違うの
ですが、(感覚的には倍くらい大きく感じる)なぜなのでしょうか。
どちらもパワーアンプダイレクトでCDPはTEACの25Xです。

初心者版に書き込めないですけど、
 
このスレッドにメッセージを投稿


4件 ( 1 〜 4 )  新 | 古  1/ 1. /1 [ ▼降順 | ▲昇順 ]

(無題) 削除/引用
No.120-4 - 2001/06/08 (金) 20:34:41 - オタックびいむ
しわしわさん、でんきやさん、どうも。大変初歩的な疑問にお答え頂ありがとうございます。
納得です。私のスピーカーは高能率フルレンジのため8時の位置でもかなりの大音量になってしまい、
小音量時のボリュームコントロールが困難でバランスは使えないですね。あまりメリットは無いとの事なので、
通常のRCAケーブルで気に入ったものを探そうと思います。ありがとうございました。

(無題) 削除/引用
No.120-3 - 2001/06/08 (金) 17:45:18 - でんきや
 バランス接続(差動伝送)とは伝送したい信号を正と負の互いに180度位相の異なる信号にして伝送するものです。例えばある瞬間の信号レベルが2Vとすると、これを+1Vと−1Vの信号にして1対(2本)の信号線で伝送し、受け側ではこの2本の信号線の電位差を入力として得ます。(1V)−(−1V)=2V
従ってこの正負の信号線の一方のみを使用すると当然バランス接続時の1/2のレベル(約−6dB)になります。
 本来、差動伝送は伝送経路上で混入する同相ノイズの除去(信号線間の電位差を得るので双方に同相で混入したノイズは相殺される。)や機器間の絶縁の為に用いられます。従って業務用などである程度長い距離を伝送するなどの場合を除いて、あまりメリットはありません。

(無題) 削除/引用
No.120-2 - 2001/06/08 (金) 02:03:37 - しわしわ
当該機器についての知識がないのですが、XLR端子の+とアースを使ったアンバランス接続とバランス接続の比較では、バランスの方が6dB大きくなりますよ。

バランス接続について 削除/引用
No.120-1 - 2001/06/07 (木) 01:43:16 - オタックびいむ
最近アンプを607MOSに買い換えまして、バランス接続を試してみたく
ケーブルを自作したのですが、アンバランスと比べて音量がぜんぜん違うの
ですが、(感覚的には倍くらい大きく感じる)なぜなのでしょうか。
どちらもパワーアンプダイレクトでCDPはTEACの25Xです。

初心者版に書き込めないですけど、
4件 ( 1 〜 4 )  新 | 古  1/ 1. /1 [ ▼降順 | ▲昇順 ]



パスワード
名前 :
メール :  アドレス非公開
タイトル :
本文 : 通常モード 図表モード HTMLモード 本文中のアドレスを自動リンク
    
暗証 : フォーム情報を保存  スレッド位置保持  解決


〔投稿にあたっての御願い〕 規約を今一度
 ※ ショップ、通販店への直リンクは御遠慮下さい(店名、所在地は可)。
 ※ 誹謗中傷、個人への人格攻撃は固く禁止いたします。
 ※ 個人情報の漏洩、知的所有権の侵害に結びつく書き込みは刑事処罰の対象になる場合があります。