トップページオーディオ談義
ウオッチリスト - 新しくスレッドを立てる - 一覧 - 御注意

AV機器・アーカイブ- ピュアオーディオ・アーカイブ- 検索- メルマガ- リンク- AV機器掲示板- 相互リンク



【激安】上海問屋 - 楽天カード - オークファン - Yahoo!ショッピング - Amazon.co.jp アマゾン - e2 by スカパー! - 楽天市場 - 地図

このスレッドをウォッチリストに追加 (ウォッチリストから削除)
アナログプレーヤー 合うカートリッジは? スレッド削除
No.233-1 - 2001/10/02 (火) 02:20:40 - ちゃま
いつも楽しく拝見させて頂いております。
こちらには、初めての投稿となります。

長く使用していた、プレーヤーも、友人へ譲り、最近中古で、ビクターのQL-A70を手に入れました。
最近の物では、好きなデザインが見つからなかったことや、この機種が発売された当時、購入を断念した思いもあり、
購入することにしました。

ここには、お詳しい方々が多いようでしたので、「シェル:カートリッジ:針」について聞かせて下さい。
今、現在入手可能な物で、1万円前後で良い物は何があるのでしょうか?
繊細であり、且つ力のある音質が好みです。

宜しくお願い致します。

機器構成
AMP:sunsui アルファー607L EXTRA 
SP :TANNOY T165(chester)
 
このスレッドにメッセージを投稿


9件 ( 1 〜 9 )  新 | 古  1/ 1. /1 [ ▼降順 | ▲昇順 ]

Ortofonを選択 削除/引用
No.233-9 - 2001/10/10 (水) 00:45:55 - ちゃま
-SHU-さん おおふじさんありがとうございます。
お返事遅くなりましてすみません。職場からは、プロクシ経由ですので、書き込みができないのです。

Ortofonのカートリッジをひとつ購入してみようと思います。
物にもよると思いますが、マーチを聞くと、明るい感じになるのではないかと想像したからです。

>DL-103はいかがですか
前には、使用していましたが、どうしても譲って欲しいという友人に譲りました。好きな音色でした。ただ、このシリーズ103のあとに、何やら、GとかLC2とか(合っているかは不明)いろいろついている物がありますよね。この辺が、まるっきりわからないですね。
いずれは、またひとつ欲しいと思っています。(次の候補にもしたいです。)

スピーカーコードの選択よりも難しいですね。しかも上を見るとキリが無いと・・・
いろいろ勉強になりました。ありがとうございました。
今後、このような情報もありましたら、是非ご教授下さい。

DL-103はいかがですか 削除/引用
No.233-8 - 2001/10/09 (火) 10:01:16 - おおふじ
最近、手持ちの物と知人からお借りした物を10数種試聴しましたが、デンオン(もう、デノンかな?)DL-103が一番標準的な音でした。
オーディオテクニカのMCタイプは、分解能が高く、細身で高音域に輝きがありました。きれいな音で女声などとても魅力的ですが、ジャズのウッドベースやバスドラムの音が物足りなく感じました。
シュアーV15TYPE3は、DL-103と同じようなバランスです。繊細さと力強さを持ち合わせていますが、分解能ではDL-103よりやや劣る感じです。
オルトフォンSPU-Gは今回試聴できませんでしたが、以前の経験では、中音域に張りがあり、温かい音質です。50〜60年代のジャズレコードにぴったり合い、これしかない、という感じでしたが、ワイドレンジではありません。
DL-103は、ラジオ局の送り出しに使われていた(今もそうでしょうか?)カートリッジで、ブラスにも合うのではないかと思います。
MCタイプですが、適正針圧が重く、神経質にならないで使えます。出力が大きめなので、アンプのMMポジションで実用になります。
価格がシェルと合わせて2万円くらいになってしまうので、候補に入らないかもしれませんが、私は、1本めにはこれが一番よいと思います。1万円くらいのカートリッジとは別格の音ですので。

Ortofonのカートリッジについて 削除/引用
No.233-7 - 2001/10/09 (火) 04:09:44 - -SHU-
 私はMM型やIM型ばかり使っているので,Ortofonのカートリッジには
詳しくないのですが,自分のVMS30や友人のSPUやモノラル用(型番忘れ
た,かなり古い製品)の印象では,総じて,レンジ感はほどほどですが,
中低域が充実したしっかりした音ですね。透明度とかは余りないが,何
かコッテリした艶っぽい感じもあります(やや薄味のテクニカとはかな
り違います)。クラシックには非常に向いているように思うんですけど,
吹奏楽にもよろしいのではないでしょうか。
 買われるのならば,現行製品ならば比較的軽針圧で使いやすいMCシリ
ーズとかになると思います。たぶん昇圧トランス無しでも何とかなるで
しょう。MM型のコンコルドシリーズは,DJ用という位置づけらしいが,
高級なモデルであればよろしいかも(全然情報がないので,よくわかり
ません)。有名なSPUシリーズは,まず本体の重量が非常に重く,重針
圧でもあって,意外に使いにくいと思いますから,最初に手を出すのは
やめておいた方がいいですよ。

やはりお詳しいですね。 削除/引用
No.233-6 - 2001/10/05 (金) 19:47:49 - ちゃま
-SHU-さん MARCOさん ご丁寧な情報とても心強く思います。

1本購入後、いろいろと試してみると思いますので、今回の検討は、初めの1本となると思います。

>Ortofonは「堂々と して,演奏が立派に聞こえる」
表現は難しいのかもしれませんが、中低音より中高音が強いイメージでしょうか?

>その場合ナガオカオリジナルカートリッジはいかがでしょうか。
この辺も聞いてみたいですね。

みなさんのお話を伺っていると、ますます、いろいろな物が欲しくなってきてしまいました。初めの1本はいつも迷います。V15も予算オーバーではありますが、聞いてみたい一品です。

予算がないとは言え、あまり弱気になって購入すると、後悔することの方が多いので、ゆっくり検討したいのですが、手元に1本も無いので、早く欲しい気持ちでいっぱいです。

組み合わせで、この組み合わせは良いと言う物がありましたら、情報をお願い致します。

(無題) 削除/引用
No.233-5 - 2001/10/05 (金) 14:59:06 - MARCO
>繊細であり、
ならオーディオテクニカ、
>且つ力のある音質が好みです。
ならShure、
かと思います。
これで1万円前後と言うとAT15Ea/Gの格安品を探すのが良いのではと思います。ShureはV15より下のクラスだとSHUさんのおっしゃる通りFレンジが狭く、ゴツゴツした感じの音という印象があります。V15だと明らかに予算オーバーですしね。
シェルは私もオーディオテクニカのLT-13aを永く使ってます。これのメリットはシェルにカートリッジ取り付けのねじ穴がじかに切ってあること。確実、性格にカートリッジが取り付けられ、非常に安心感があります。デメリットはシビアなオーバーハング調整が出来ないことですが、私的にはメリットの方が圧倒的にデメリットを上回ります。
で、問題はちゃまさんがテクニカを敬遠されていること。
その場合ナガオカオリジナルカートリッジはいかがでしょうか。下記がサイトで値段も幅広くあります。
http://www.seria-s.com/tenant/nagaoka/stylus-order.html
私はMP20J(19000円)を使ってますが値段的に不満の無い音です。ただ音質的にはテクニカ系です。

カートリッジの選択について2 削除/引用
No.233-4 - 2001/10/05 (金) 06:59:27 - -SHU-
 トーンアームのS字と直線とで適合するカートリッジの発電形式が変わるという
ことはないと思いますよ。ただ,アームの性能からいえば,もともと直線パイプの
方がS字パイプよりも軽量だし,直線型アームではヘッドシェルも専用型を用いる
ことになりますから,その点でも軽量化できる可能性があるので,よけいな実効質
量を加えないで強度を保つことができる点で直線型の方が有利ですね。MC型カート
リッジはMM型カートリッジに比べてトレース能力が劣ることが多いので,「カート
リッジのトレース能力をトーンアームの性能で補ってやる」と考えると,MC型カー
トリッジに直線アームを組み合せるのは間違ってはいない気がします。もちろん,
極端にコンプライアンスが低い(重針圧型の)カートリッジ(MC型の一部にあり。
最近ではDJ用などのMM型にもあり)を軽量型のアームと組み合せると重低音がス
カスカになってしまいますから,この点もクリアした上での話ですが。

 ヘッドシェルによる音質の違いについては,ある特定のカートリッジについてヘ
ッドシェルを取り替えてテストしてみないと判定することができないわけですが,
私は無精なもので,そのようなことはしたことがありません。ですので,全くの推
測になりますが,スピーカーに例えると,カートリッジがスピーカーユニット,ヘ
ッドシェルがバッフル板,トーンアームがスピーカーエンクロージュアに相当しま
す。音質に影響がないわけではないと思いますね。鳴きやたわみのないものを選択
されるべきでしょう。
 私はオーディオテクニカのLT-13aというのを使っています。この製品はアルミダ
イキャストの無骨で頑丈なもので,30年以上のロングセラーでもあり,もはや「定
番」といっていいのかな?故長岡鉄男氏推奨の製品です。ただ,重量がやや重い(
型番通り,13グラム)ので,アームとカートリッジの種類によってはやや苦しいこ
とがあるかも。その場合はMG10(マグネシウム合金製,重量10グラム)もよろしい
と思いますよ。

 Shureとテクニカの音質の違いの件ですが,私の耳にはShureの製品の音はテクニ
カに比べて「古典的」というか,すべての音が混じり合ってオダンゴ状に聞こえま
す。まぁ,比べる相手がShureの中級品以下とテクニカのAT15Ea/Gですから,テク
ニカが勝つのは当然ではありますね。ただ,オダンゴの分,Shureにはある種の迫
力みたいなものが感じられるのも確かです。このあたりは好みの問題もあるし,
ShureはなんだかんだいってもMMの王者で「標準品」ですから,Shureで特に性能に
不満を感じられることはないと思いますが。
 前に,オーディオ趣味のない家内にカートリッジを取り替えながら聞かせてみた
ところ,テクニカは「すっきりとしてやや細身」,Shureは「バランスがよいが,う
まくカートリッジで味付けされて,こぢんまりとしてしまう」,Ortofonは「堂々と
して,演奏が立派に聞こえる」,ピッカリング(DJ用)は「何?これ,CDみたい」
(要するに「全然ダメ」という意味。私のCDプレーヤーは長年買換えていないL
D兼用プレーヤーなので,音質はサッパリなのです)・・・で,家内のお気に入り
はADCでした(「聞きやすい音」だそうです)。ちなみに,使用したレコードは「ハ
イファイセット・シングス・ユーミン」というもの。このあたりは,使用するソー
スの種類によってかなり結果が違ってくると思います。

 現時点でカートリッジを選ぶとすると,交換針の確保の点も考えると,残念なが
ら選択できるメーカーはかなり限定されてきます。以下に代表的なメーカーのサイ
トを挙げておきますね。

http://www.audio-technica.co.jp/search/h.html
http://www.ortofon.com/html/profile.html
http://www.shure.com/products/default.htm

 何かのご参考になれば幸いです。

(無題) 削除/引用
No.233-3 - 2001/10/04 (木) 21:29:18 - ちゃま
-SHU-さん 情報ありがとうございます。

QL-A70は、定価69800円なんです。
同じ金額を出しても、今のプレーヤーでは、音質も違うのでしょうね。

> AT120Ea/G(ヘッドシェル付き,定価1万1000円)あたりもよろしいかも。
この辺は、手頃なのですが、オーディオテクニカとSONY製品には、いろいろいやな面がありまして、敬遠したいとも思っています。


> が狭いのは確かです。分解能も落ちるというか,テクニカの音が「分析的」なのに
> 比べて,Shureは「融合的」ですね。最高級品のV15シリーズであればフラットで高
この2つの差はちょっと想像できないのですが、どんな感じなのでしょう?


CDで聞く物とアナログプレーヤーで聞く物には、結構差があります。アナログで、多いのは、クラッシックよりも、マーチの方が多いです。管弦楽団よりも管楽器主体の構成が好きです。
となると、オルトフォンでは、合わないのでしょうか?

また、
QL-A70には、S字アームが着いています。
昔、何かで読んだ気がするのですが、S字アームにはMM・直線アームにはMCカートリッジが適している。
というのは、今現在も同じなのでしょうか?それとも、これは、私のまったくの勘違いなのでしょうか?

カートリッジの違いは、音に直接関係するのは分かるのですが、シェルの違いもかなり影響があるのでしょうか?たとえば、3000円と15000円の物の差等

カートリッジの選択について 削除/引用
No.233-2 - 2001/10/04 (木) 05:07:16 - -SHU-
 私はビクターのレコードプレーヤーには詳しくないのですが,QL-A70という
のは,10万円以上もした同社の完成品プレーヤーの最高級品だったかな?レコード
プレーヤーの分野では,ビクターは,テクニクス,パイオニア,ソニー,デンオン,
マイクロなどに比べてやや地味な感じではありましたが,造り込みがしっかりした
好感が持てるメーカーでした。

 このプレーヤーに適したカートリッジ・・・ということになると,私の知ってい
るカートリッジは古い製品ばかりなので(IM型の旗手であったADCの製品は大好き
なのですが,既に国内では売られていない),意見として参考になるのかどうか分
かりませんが,オーディオテクニカのAT15Ea/G(VM型,定価2万5000円,ヘッドシ
ェル付き)はお薦めできます。かなり以前の発売ですが,かつてのVMシリーズの最
高級品で,ヘッドシェルとの接触面積を大きく取った頑丈なボディ,交換針部分も
高精度でボディとのかみ合わせに何らのガタもゆるみもないこと,ボディが重厚で
あるのに対してスタイラス部分は細く高感度であることなど,まさにアナログ全盛
時代のわが国のカートリッジの良さを伝えている貴重な製品です。付属のヘッドシ
ェルは同社から単売されているMG10相当品だから,この点でも何らの不満はありま
せん。難点は定価が少々高いことですが,7月に秋葉原で見たところでは,意外に
安い(1万円ちょっと)価格が付いているお店もあったような・・・。この製品の
音色は,明快でしっかりしていますが,「重厚さ」とか「まろやかさ」とかはやや
乏しい感じですね。
 なお,同社のVMシリーズの最近の主力製品は型番が3桁のシリーズですが,こち
らの方はよく知りません。たぶん,良い製品だろうとは思いますから,定価の安い
AT120Ea/G(ヘッドシェル付き,定価1万1000円)あたりもよろしいかも。

あと,一般的なメーカーでは,米国のShureがありますが,M97HE以下何個か使用
していますが,私の印象では,中低域と中高域とがやや盛り上がったドンシャリに
聞こえます。これはこれで,録音の悪いレコードでもそれなりに楽しく聞かせてく
れる特技がありますから捨て難いのですが,AT15Ea/Gに比べると聴感上のFレンジ
が狭いのは確かです。分解能も落ちるというか,テクニカの音が「分析的」なのに
比べて,Shureは「融合的」ですね。最高級品のV15シリーズであればフラットで高
分解能なのかも知れませんが,ご予算の範囲には収まらないでしょう。

 ちゃまさんがクラシックを多くお聴きになるのであれば,Ortofonのカートリッ
ジは文句なくお薦めできるのですが,ご予算の範囲に収まるのがあるかどうか,で
すね。私はVMS30Mk2(MC型が中心のオルトフォンには珍しいIM型,既に製造中止)
というのを使用していますが,腰が据わったスケールの大きな,しかも格調の高さ
も兼ね備えている魅力的な音色です。ただ,同社は最近ではDJ用のモデルも出し
ていますから,すべての製品がこのような音質であるのかどうかまでは分かりませ
んが・・・。
 DJ用のカートリッジは,再生音の品質やトラッキング性能よりも,酷使に耐え
る頑丈さを第一義において開発されていると思われるので,最初に手に入れる製品
としては適当ではないと思いますね。

 ・・・というわけで,なにやら要領を得ませんが,カートリッジ選びの参考にな
れば幸いです。

アナログプレーヤー 合うカートリッジは? 削除/引用
No.233-1 - 2001/10/02 (火) 02:20:40 - ちゃま
いつも楽しく拝見させて頂いております。
こちらには、初めての投稿となります。

長く使用していた、プレーヤーも、友人へ譲り、最近中古で、ビクターのQL-A70を手に入れました。
最近の物では、好きなデザインが見つからなかったことや、この機種が発売された当時、購入を断念した思いもあり、
購入することにしました。

ここには、お詳しい方々が多いようでしたので、「シェル:カートリッジ:針」について聞かせて下さい。
今、現在入手可能な物で、1万円前後で良い物は何があるのでしょうか?
繊細であり、且つ力のある音質が好みです。

宜しくお願い致します。

機器構成
AMP:sunsui アルファー607L EXTRA 
SP :TANNOY T165(chester)
9件 ( 1 〜 9 )  新 | 古  1/ 1. /1 [ ▼降順 | ▲昇順 ]



パスワード
名前 :
メール :  アドレス非公開
タイトル :
本文 : 通常モード 図表モード HTMLモード 本文中のアドレスを自動リンク
    
暗証 : フォーム情報を保存  スレッド位置保持  解決


〔投稿にあたっての御願い〕 規約を今一度
 ※ ショップ、通販店への直リンクは御遠慮下さい(店名、所在地は可)。
 ※ 誹謗中傷、個人への人格攻撃は固く禁止いたします。
 ※ 個人情報の漏洩、知的所有権の侵害に結びつく書き込みは刑事処罰の対象になる場合があります。