トップページオーディオ談義
ウオッチリスト - 新しくスレッドを立てる - 一覧 - 御注意

AV機器・アーカイブ- ピュアオーディオ・アーカイブ- 検索- メルマガ- リンク- AV機器掲示板- 相互リンク



【激安】上海問屋 - 楽天カード - オークファン - Yahoo!ショッピング - Amazon.co.jp アマゾン - e2 by スカパー! - 楽天市場 - 地図

このスレッドをウォッチリストに追加 (ウォッチリストから削除)
スピーカーのエッジ張り替えについて スレッド削除
No.335-1 - 2002/01/22 (火) 23:18:26 - Odr.
何の因果か分からないのですか、エッジがやられたJBLの25cmウーファー×2、35cmウーファー×1が手許に集まってしまいました。エッジの張り替えをと思うのですが、いろいろと選択肢があり、迷っています。なるべくオリジナルに近いものがいいのか(そうなるとJBLの代理店に直接頼むのでしょうか)、あるいはセーム革のようなもちのいいものにすべきか(その場合やはり音は変わるのか)、またキットを買って自分で張り替えるのは容易か、それとも両チャンネルの電気特性をそろえるなどプロに頼むべきなのか。こうした点に関し、経験にもとづく御助言など頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。
 
このスレッドにメッセージを投稿


8件 ( 1 〜 8 )  新 | 古  1/ 1. /1 [ ▼降順 | ▲昇順 ]

セームは最高!! 削除/引用
No.335-8 - 2002/05/26 (日) 03:10:42 - neko
ウレタン系エッジのSP(特に聞き込んでいるもの)での、あのボロボロと
なったエッジを見るのは正に悲劇ですネ!!
でも安心して下さい。
張り替えると見事に”生き返り”ますよ!! しかも以前よりメリハリが良く
ダンピングが冴える事もあります。
(私の場合、以前より真空管でドライブしており、時折最近のAVアンプでも
 鳴らしますが、初代LE−14が万能で対応するのには驚いてます)
セーム自体の素材の良さが、あの重いコーンを適当に駆動させられる様にしているのでしょう。
正常なSPと比べると、指の押し加減でその感触が解り、張り替え時のテンション調整に役立ちます。
そこらへんのSPチューニングは、いくらメーカーでも量産では無理で、更に
製造部品素材としては高価なのと安定供給性で見送っているものです。
不織布及びダンプ材等が適当なのが現状でしょう。
(テフロン系で良い物が出ていますが・・・高い!!)
交換時のボビンのセンターリングとやらは、あの丈夫なダンパーに支えられて
エッジ側を適当に偏り引っ張った位ではズレません。
これ位の安心感で実行されてはどうでしょうか!?
(テンション調整は、接着剤が硬化していく5分間で実施します)
(コツは、BOXに簡易設置で実際に音出ししながらでバッチリ納得です)
過去10年と3年前に、3セット程(JBL、TANNOY、ダイヤトーン)
張り替えて来て、当初のものは”当時のまま”やはり耐久性は脱帽です。
同オリジナルと良く聴き比べますが、オリジナルを持ってる親友も既に張り替える程の効果です。
仮に”音が変わる!!”とか”オリジナルでは無い”と言う人がおりますネ!
メーカーがMkUを出し”どれ程の変化が?”又は、その時自分SPは
”本当は劣化している音”かもしれません。
そのユニットの持つ”新しいサウンド”として、挑戦して頂きたいと願います。
オーディオは終わりの無い、一生の友(SPも)として下さい。

難しいかどうかは比較の問題です。 削除/引用
No.335-7 - 2002/01/29 (火) 21:33:41 - コメット
生意気をいうようで申しわけありませんが、難しいと感じたらそれなりの準備をするしかありません。私は難しいとは思いませんでしたが、事前に十分にイメージトレーニングを行いました。何も手をつけていないスピーカーを目の前に起き、頭の中でエッジの張り替えをするわけです。どのような順番で行うのか、どのような道具を使うのかをまず考え、次にその道具を使って順番通りに工作する方法をイメージします。エッジとフレームを固定しているゴム状の輪をはずす場合には、スポイトが必要です、シンナーをスポイトに吸わせエッジに沿ってシンナーを滴下し、しみこませる。しばらくすると接着剤が溶けて、固定ゴム輪がはずれるようになる、さらにシンナーを使って、ゴム輪を切らないようにゆっくりはずす、といったことをイメージするわけです。

もう一つのこつは前にも書きましたが、センターをとることです。
大変失礼な言い方ですが、スピーカーの構造はご存じだと思います。
中央部の永久磁石とコイルの隙間に筒状の物を挟むことでセンターがでます。この方法ではコーン紙の中央部を解放しなければなりません。もちろん後で埋めるのですが、見てくれが悪くなります。しかし一番確実な方法です。

イメージとセンター取りの二つだと思います。少なくとも私の場合はそうでした。

(無題) 削除/引用
No.335-6 - 2002/01/26 (土) 09:07:01 - Odr.
御示唆ありがとうございました。小生も何かと自分でやるのは大好きなのですが、現在自由な時間が著しく無いことと、実は非常に不器用であるため、決心がつかないでいます。現在の心づもりとしては、EL10は、メインにつかっているため、安価な業者に出し、いつか3Dフィルターでつなげて遊ぼうと考えている2235Hは、自分でやろうかな、と考えています。こつなど御伝授いただければ大変にありがたいです。そもそも難しくはないのでしょうか。

JBLスピーカーのエッジ張り替えしました 削除/引用
No.335-5 - 2002/01/23 (水) 21:20:14 - コメット
こんにちは。ちょうど1年前の正月休みを利用して6発の張り替えを行いました。スピーカーはLE10とLE8TですがLE10の2発はドローンコーン(コイルのないもの)です。
この時代のJBLにはウレタン系のエッジが使われ、これは年数が経過すると硬質化し、低音側がでなくなります。
まず、エッジの材料ですが平たいセーム皮を円状に切り抜いたものを見かけますが使わない方がよいです。秋葉原の日野オーディオに直径の異なるエッジ数種類を型抜きしたものを売っています。材質は2種類あり、不織布と人工皮革で前者が1枚8千円、後者は1万円です。1枚から
LE8TのエッジとLE10のエッジが1つずつとれます。購入するときは、お持ちのスピーカーのエッジ(山型)の前後(スピーカーコーン側とフレーム側の径(直径)をなるべく正確に計っておきます。
材質も2種類ありますがエッジ型も2種類あり、国産と外国製のようです。私は不織布を購入しましたが人工皮革にすればよかったと考えています。不織布は空気を通しますので結局シリコーンを塗布し、遮断処理をしました。空気を等したのでは密閉箱(スピーカーボックス)に入れる意味が薄れますから。
型からエッジを切り抜くのは型を押しピンで段ボール紙の上に固定し、
コンパスナイフを使いました。
古いエッジをはずすとコーンはダンパーだけでつながっており、コーン自体はふらふらになります。従って、コーンのセンターをきちっととってやらないと、コーン氏が前後に振れたときに、コイル部分が磁石にふれることになりますので工夫が必要です。

LE8T、LE10ともコーン紙は白です、これは何とか貝を粉末にしたものが吹き付けてあるとのことですが、エッジが黒でなかなか締まったルックスになりました。
きれいに鳴っています、LE8Tはこんなに豊かな低音なのかと思わせるくらいによく鳴ります。

外部に修理に出すことも考えました。JBLの修理は、エッジの場合は
米国まで送ると聞きました。秋葉原のスピーカー屋さんでは修理をするところもあるようですが、いずれも1発4から5万円程度かかるようですし、コーン紙も変わると聞きました。これでは音が全く別物になってしまいます。スピーカーのエッジ張り替えを自分で行ったのは初めてですが、元々工作は好きな方なので自分が惚れたスピーカーなので、おしまいにするのも自分でと考えトライしました。
もし工作されるなら本コラムで連絡ください。さらに詳しい話を差し上げられるとおもいます。

(無題) 削除/引用
No.335-4 - 2002/01/23 (水) 09:16:24 - Odr.
さっそくにレスポンスありがとうございます。
ちなみに、ユニットはLE10および2235Hです。御推奨のショップなどもありましたら、よろしくおねがいいたします。

(無題) 削除/引用
No.335-3 - 2002/01/23 (水) 00:32:27 - しわしわ
エッジがダメになっているスピーカーは、自重を支えきれずにセンターが狂っていることがあります。
代理店のハーマンはエッジだけの張り替えはしないはずですが、ネット上を検索するとスピーカー修理のお店は結構あります。
長く大切に使いたいなら一度プロのチェックを受けるのをお薦めします。
ところでユニットの型番は何ですか?
JBLユニットにはみなさんいろんな使いこなしのノウハウをお持ちのはずですから、型番がわかれば情報も集まりやすいのではないか、と思います。

最近スーパーウーファーで貼り換えを経験しましたが 削除/引用
No.335-2 - 2002/01/23 (水) 00:02:00 - ひろみっく
はっきり言って、あまり綺麗にはできませんでした。
スーパーウーファーなんで、笑ってすみますが・・・
そう難しくはありません。一度やってみれば次はきっと
上手にできるのではないかと思いますが、おそらく次は
なさそうですけれども。
問題があるとしたら、ユニットそのものが重たいんで作業
がやりにくいということです。私ははずさないで無理やり
やっちゃいましたんでまずかったですね。それでもなんと
かなっていますが・・
材質を変えると音は変わります。耐久性は上がりますが・・
そこははかりにかけてみるしかないでしょう。
メーカーや業者に頼むと貼り換えだけでは受けてくれない
ようで、かなりお高くなるようですし。
まあ、だめならまたやり直せばいいか、くらいの根性が
あるようでしたらキットを入手して自分でやってみるの
もいいかもしれません。私は38cmでしたので少し
でも楽そうですしね。

スピーカーのエッジ張り替えについて 削除/引用
No.335-1 - 2002/01/22 (火) 23:18:26 - Odr.
何の因果か分からないのですか、エッジがやられたJBLの25cmウーファー×2、35cmウーファー×1が手許に集まってしまいました。エッジの張り替えをと思うのですが、いろいろと選択肢があり、迷っています。なるべくオリジナルに近いものがいいのか(そうなるとJBLの代理店に直接頼むのでしょうか)、あるいはセーム革のようなもちのいいものにすべきか(その場合やはり音は変わるのか)、またキットを買って自分で張り替えるのは容易か、それとも両チャンネルの電気特性をそろえるなどプロに頼むべきなのか。こうした点に関し、経験にもとづく御助言など頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。
8件 ( 1 〜 8 )  新 | 古  1/ 1. /1 [ ▼降順 | ▲昇順 ]



パスワード
名前 :
メール :  アドレス非公開
タイトル :
本文 : 通常モード 図表モード HTMLモード 本文中のアドレスを自動リンク
    
暗証 : フォーム情報を保存  スレッド位置保持  解決


〔投稿にあたっての御願い〕 規約を今一度
 ※ ショップ、通販店への直リンクは御遠慮下さい(店名、所在地は可)。
 ※ 誹謗中傷、個人への人格攻撃は固く禁止いたします。
 ※ 個人情報の漏洩、知的所有権の侵害に結びつく書き込みは刑事処罰の対象になる場合があります。