トップページオーディオ談義
ウオッチリスト - 新しくスレッドを立てる - 一覧 - 御注意

AV機器・アーカイブ- ピュアオーディオ・アーカイブ- 検索- メルマガ- リンク- AV機器掲示板- 相互リンク



【激安】上海問屋 - 楽天カード - オークファン - Yahoo!ショッピング - Amazon.co.jp アマゾン - e2 by スカパー! - 楽天市場 - 地図

このスレッドをウォッチリストに追加 (ウォッチリストから削除)
バランス端子とアンバランス端子について スレッド削除
No.95-1 - 2001/05/10 (木) 13:47:10 - モノ
アンプやデッキ類やプレーヤー類の高級機には、
比較的バランス端子が付いていると思うのですが、
やはりアンバランス端子に比べて良い物なのでしょうか?
音の差などが結構ある物なのでしょうか? 
双方のメリット・デメリット等ございましたらお願いします。

使用機器に両方の端子が付いていて使用可能の状況の時は、
皆様はどちらを使っていますか?

またバランス端子接続する時の
注意などする点などございましたらお願いします。

素人質問で済みません。
 
このスレッドにメッセージを投稿


8件 ( 1 〜 8 )  新 | 古  1/ 1. /1 [ ▼降順 | ▲昇順 ]

バランス接続はアンバランス接続よりも音が悪い? 削除/引用
No.95-9 - 2001/05/15 (火) 01:39:11 - To Hen
>バランス接続はアンバランス接続よりも音が悪い?
私の古い頭ですと、どうしても、「アンバランスの方が音が良い」印象が強くあったのですが、どうも、最近では、「技術力の向上と品質改善で、昔と違って、アンバランス接続と同等に近いクオリティのバランス接続」を可能にするアンプも開発され、製品化されるようになって来ている様ですね。

一時期、「バランス接続は音がどうも、、、」とされていた様ですが、最近は、アンプによっては、話が違って来ているのかも知れません。と、言っても、ある程度以上のレベルのアンプでの話ですが。廉価なもの、普及価格帯の物の場合、まだまだアンバランス接続の方が、無難なような気も致します。

訂正です。 削除/引用
No.95-8 - 2001/05/13 (日) 22:51:41 - モノ
訂正致します。
5メートル離れているのではないのですが
5メートルのケーブルを使っています。

そんなに広くないですが、短くするのは今のところ難しいです。

(無題) 削除/引用
No.95-7 - 2001/05/13 (日) 22:38:21 - モノ

EH10さん ありがとうございます。

> ちょっと曲がった考え方ですが、大抵アンプのバランス入力は
> 専用の入力ポジションなので、それを使用することによって
> 入力系統を1つ増やせるというメリット(?)もあるかな、と。

> AVアンプはVCR等を2〜3台接続可能なように比較的入力数が多い
> 傾向がありますが、インテグレーテッドアンプではアンバランスx4
> +PHONO+バランス程度のものも少なくありませんので、
> PHONO入力を除く入力数4と5の違いは結構大きいことがあります。

入力端子が多いのは、とても魅力的です。

最近のアンプは、テープ端子など3つから2へと
減っていますので少しでも多いのは助かります。

> 精度を無視すればOPアンプを使用した増幅度1の反転アンプを
> 用いることによりアンバランス->バランス変換は簡単にできますし。

変換装置みたいな物が出来るのでしょうか


To Hen さん ありがとうございます。

> そう言う意味で、
> >家でオーディオを楽しむ場合、バランス伝送による雑音低減効果なんて
> あんまり意味がないように思います。
> >アンバラとの音の違いを楽むぐらいに思っておくのがいいです。
> とハイビジョンチェリーボーイさんはおっしゃっているんだと思います。

> まさに、「どちらが良いかは、聴いてみてどちらが好みの音かによる」という、趣味、テイストの世界の話だと思います。

バランスは、何十メートルといった長い距離に適しているのですね。
高価な物なので手が出るか分かりませんが付いている物を買うと楽しめそうですね。

> 家庭で機器の接続部分(ケーブル)で音の純度、クォリティを上げたければ、
> 1)距離を出来るだけ短くする(これは全てのケーブル、CDとDACを結ぶ同軸や光ケーブル、アンプと接続するピンケーブル、スピーカのケーブルに言える事です。)
システムや配置変更の際には、出来れば良いのですが・・・

> 2)ある程度良い品質の物を選ぶ
スピーカーケーブルですか、今度試して見たいと思うのですが、
機器が5メートル程度と離れていてまずそうですね。
きっと一番音の出口に近いケーブルなだけに大切と言う事でしょうね。

スピーカーケーブルを短くして、場所と使い勝手と振動面などで
CDなどはバランス接続で少し離すのがなんとなく良さそうな感じですね。

> 3)ケーブルの付近にノイズ源となる物を置かない(パソコン、その他電磁波を出したり、モーターやとにかく電子機器全般です。)
これは狭い部屋なので結構近くになってしまいます。

ケーブルで音質改善を試みるのならば、、、 削除/引用
No.95-6 - 2001/05/12 (土) 00:46:15 - To Hen
モノさんへ。

蛇足かとは思いますが、、、
バランス伝送は、元々、プロの現場で使われる為に開発されました。「プロの現場」というのは、御覧になれば判る通り、機材と機材とを結ぶケーブルが何メートルという桁では無く、何十メートルといった、桁違いに長い距離を結んでいます。ですので、バランス伝送とアンバランス伝送では、比較にならないくらいバランス伝送の方がメリットが大きく、ノイズを押さえる事が出来ます。

そういうレベルの「環境」が生み出した、一つのテクニックですので、1mや3m程度の距離を結ぶ場合、シールドのしっかりした音質の良いケーブルでアンバランスで結ぶ方が、アンバランスよりもナチュラルでバランスの良い音楽を聴かせてくれるケースも良くあります。

そう言う意味で、
>家でオーディオを楽しむ場合、バランス伝送による雑音低減効果なんて
あんまり意味がないように思います。
>アンバラとの音の違いを楽むぐらいに思っておくのがいいです。
とハイビジョンチェリーボーイさんはおっしゃっているんだと思います。

まさに、「どちらが良いかは、聴いてみてどちらが好みの音かによる」という、趣味、テイストの世界の話だと思います。

大富豪の豪邸とか、いわゆるお屋敷みたいな所は、「プロの現場」と同じくらい広く、出来るだけスピーカの近くにアンプをセットし、アンプ迄はバランス伝送で結んだりしますから、こういう場合は、例外ですが、通常の家庭のオーディオシステムでは、「アンバランスだとノイズがのってしょうがないからバランス伝送にしなきゃダメ」という事は考えにくいと言う事です。

よく雑誌のイメージ戦略で、「バランス伝送」=「プロフェッショナル」みたいな印象付けがされたりしますが、あくまで「現場での実用の為の技術」が始まりですから。

>本当に素晴らしい物
と単純に言える物ではないので、
>全ての機器に採用される
事は無いと思われます。

あくまで、音のチューニングの幅を広げる一つの選択肢、程度に捉えておくのが無難なような気がします。

家庭で機器の接続部分(ケーブル)で音の純度、クォリティを上げたければ、
1)距離を出来るだけ短くする(これは全てのケーブル、CDとDACを結ぶ同軸や光ケーブル、アンプと接続するピンケーブル、スピーカのケーブルに言える事です。)

2)ある程度良い品質の物を選ぶ(オーディオテクニカとか選ぶと、折角の高い機材が死んでしまいます。音を聴いて選ぶのが一番ですが、Audio ReviewとかのHPの情報も参考になります。スピーカケーブルは、試しに、Kimberの4PRを出来るだけ短く、例えば1mを2本(1500円程度)と言った具合に、最短距離を結んでやります。スピーカケーブルを付属の安物から、1500円の投資で良いグレードのものに変えるだけで、MonsterやBeldenの安物などと比較にならない正確な音の再現が楽しめ、今迄聴こえなかった音が粒立ちがはっきりして聴こえるようになります。もし「スピーカケーブルなんてどれも同じだろう」とこだわらずに、今お使いのオーディオの出す音に不満が合って、コンポーネンツの一部を買い替えようと御考えの方は、何万、何十万円と投資をする前に、まずはスピーカケーブルを買い替えてみて下さい。

オーディオの音は、ボトルネックで音のグレードが決まってしまいます。つまり、いくらハイエンドのシステムを揃えたところで、スピーカケーブルで音がつぶれて、混ざり合い、こもってしまえば、聞こえるべき音が聴こえず、モッサリとした立体感のないべっちゃりとした音場しか形作られません。オーディオはバランスと言われますが、スピーカケーブルはアンプやスピーカと同じくらい、というか、その一部ですから、非常に重要です。

「スピーカケーブルなんて、数百円/mもだせば上等だろう」と御考えの方はかなり多い(と、言うか、普通の人にとっては、数十万円/mのケーブルなんて狂気の沙汰にしか思えないでしょう。)と思いますが、

おなじ数百円/m出すのであれば、一度4PRを試してみて下さい。本来のオーディオのもつポテンシャルがどの程度まであったのか、簡単に確認出来ます。「スピーカを変えたい、アンプを変えたい」というのはそれからでも遅くは無いと思います。

4PRはケーブルによる色付け、くせが少なく、アンプやCDトランスポート、DAC、スピーカを色々組み合わせて相性や音の違いを見る時に、非常に個々のコンポーネンツの違い、特徴をあらわにしてくれるところがあるので、まずは4PRをReference Cableとして、いろいろ機材の組み合わせやセッティングを工夫すると、ドツボに入りにくいかなという気も致します。)

3)ケーブルの付近にノイズ源となる物を置かない(パソコン、その他電磁波を出したり、モーターやとにかく電子機器全般です。)

と、いった所でしょうか。

(無題) 削除/引用
No.95-5 - 2001/05/12 (土) 00:11:29 - EH10
ちょっと曲がった考え方ですが、大抵アンプのバランス入力は
専用の入力ポジションなので、それを使用することによって
入力系統を1つ増やせるというメリット(?)もあるかな、と。

AVアンプはVCR等を2〜3台接続可能なように比較的入力数が多い
傾向がありますが、インテグレーテッドアンプではアンバランスx4
+PHONO+バランス程度のものも少なくありませんので、
PHONO入力を除く入力数4と5の違いは結構大きいことがあります。

精度を無視すればOPアンプを使用した増幅度1の反転アンプを
用いることによりアンバランス->バランス変換は簡単にできますし。

デュアルトランジスタって最近は無いのかな?

(無題) 削除/引用
No.95-4 - 2001/05/11 (金) 22:50:59 - モノ
ありがとうございます。

私恥ずかしながら数学苦手でして・・・

なんかどちらでも良いと言う感じですね。
本当に素晴らしい物ならば、
全ての機器に採用されると言う感じでしょうね。

差動 etc 削除/引用
No.95-3 - 2001/05/10 (木) 23:33:44 - ハイビジョンチェリーボーイ
バランス伝送の意味はおわかりでしょうか?ほとんど小学生でもわかる
算数ですので、適当に読み流してくださいませ。

今、伝送したい信号s(t)がありましたと。
その位相を反転した-s(t)を用意します。これら2つの信号をできるだけ
接近させたワイヤ1、ワイヤ2にて伝送しますと、それぞれの信号線には
ほぼ、同一と考えられる雑音n(t)が加わります。つまりワイヤ1とワイヤ2
の電圧w1(t), w2(t)はそれぞれ
w1(t)=s(t)+n(t)
w2(t)=-s(t)+n(t)
となります。ここでw2(t)の位相を更に反転させてそれぞれを加算します。
w1(t)-w2(t)= 2s(t)
これがバランス伝送です。つまり電圧はアンバランス時の2倍で、伝送雑音
はほぼ無視できるというわけです。

これら回路実装時に問題になるのは位相反転部分で、反転回路自身の歪や
遅延などが問題になります。完璧なバランス出力ができるのは反転部分まで
をディジタル信号処理できるCDプレイヤなどですが、その受けであるアナ
ログアンプではどうしても完全な差動回路は実現不可です。といっても
多くの信号処理においては全くといっていいほど問題ないレベルに収まる
んですが、極限のスペックを実現している高級オーディオなどでは、決し
てスペックの改善効果はないように思います。

通常、家でオーディオを楽しむ場合、バランス伝送による雑音低減効果なんて
あんまり意味がないように思います。アンバラとの音の違いを楽むぐらいに
思っておくのがいいです。でも僕はバランスの音が好きです。バランスの方が
なんだか実体のある音に聞こえます。

ちょっと追加。ここからは高校1年生の算数です。
上で、信号の電圧が2倍になると言いましたが、デシベルという単位を
ご存知かと思います。デシベルというのはエネルギ(電力)の対数比を表
します。

dB=10log10(電力比)

電圧が2倍になると、エネルギとしては2^2倍(P=EI=E^2/R)
電流が2倍になっても、エネルギは2^2(P=RI=RI^2)
になります。だから、
電圧とか電流比の場合

dB=20log10(電圧比), もしくは20 log10(電流比)

という公式になります。因みに高校数学で先生から
log10(2)=0.301
log10(3)=0.4771
は覚えとくよう言われたはずですが、先の電圧が2倍になったときは
20log10(2)=6.02->6dB
となります。ディジタルの1ビットのダイナミックレンジが
まさにこれです。

バランス端子とアンバランス端子について 削除/引用
No.95-1 - 2001/05/10 (木) 13:47:10 - モノ
アンプやデッキ類やプレーヤー類の高級機には、
比較的バランス端子が付いていると思うのですが、
やはりアンバランス端子に比べて良い物なのでしょうか?
音の差などが結構ある物なのでしょうか? 
双方のメリット・デメリット等ございましたらお願いします。

使用機器に両方の端子が付いていて使用可能の状況の時は、
皆様はどちらを使っていますか?

またバランス端子接続する時の
注意などする点などございましたらお願いします。

素人質問で済みません。
8件 ( 1 〜 8 )  新 | 古  1/ 1. /1 [ ▼降順 | ▲昇順 ]



パスワード
名前 :
メール :  アドレス非公開
タイトル :
本文 : 通常モード 図表モード HTMLモード 本文中のアドレスを自動リンク
    
暗証 : フォーム情報を保存  スレッド位置保持  解決


〔投稿にあたっての御願い〕 規約を今一度
 ※ ショップ、通販店への直リンクは御遠慮下さい(店名、所在地は可)。
 ※ 誹謗中傷、個人への人格攻撃は固く禁止いたします。
 ※ 個人情報の漏洩、知的所有権の侵害に結びつく書き込みは刑事処罰の対象になる場合があります。