トップページ
オーディオ&ビジュアル過去ログ一つ前に戻ります

オーディオ過去ログ - 検索 - メルマガ - リンク -【ショッピング】- オーディオ談義板 - AV機器板

TDKのBS-TA501を使っています。 評判がいいBS-TA502と何が違うのですか。 BSアンテナの掃除って必要ですか。
--------------------------------------------------------
投稿者:あい

BSアンテナの新旧での違いですが、主にコンバータ部分の性能が違います。一番簡単に分かるのはNF(雑音指数)で、ごく初期のBSアンテナでは[1.6dB標準]もありましたが、その後世代を重ねるごとに[1.4dB標準]、[1.2dB標準]、[1.0dB標準]と次第に数字が小さくなってゆき(数字が小さいほど性能が良い)現在では[0.7dB標準]というのがあります。ちなみに私が使っているSONY SAN-505(1990年)は[1.2dB標準]となっていて、これで当時のごく標準的な性能でした。カタログ値で[1.0dB標準]を切るまでが結構長かったように思います。

TDKのセンターフィードの場合は、アンテナの裏面についているのですが、コンバータ(周波数を変換する部分)の設計が新しい方が特性が良くなります。コンバータの性能は温度にも左右され、気温の低い冬は特性が良くなり、気温が上がる夏は特性が悪くなります。普通のオフセット型の場合、コンバータはアンテナの前に付いていて直射日光にさらされますので夏場は温度面でとても不利になります。TDKのセンターフィード型の場合、アンテナの裏面にあるので直射日光の影響を受けにくい、とされています。