-- Victor ST-120XZE --

ビクターがD-VHSを記録するために開発した磁性体を採用しているワンランク上のSVHSテープで、 大切な映像の保存やマスターテープの製作を念頭に作られています。DVHSの記録にはかなりの広帯域が 要求されるわけですが、それに余裕で対応てきるテープを贅沢にもSVHSにも使っているのですからその ポテンシャルは計り知れない。数年前にテストした時は、その優位性は感じたものの他社のプロや上位グレード におされぎみでその影に隠れ目立ちにくい存在でした。

カセットデザイン
-- 繊細かつ鮮やかな画 --

きめ細かさ鮮やかさ色のバランスなど非の打ち所が無い記録再生を魅せてくれた。ディテールの再現が生々しく かつ低ノイズそれでいて煌びやかな綺麗な色、この価格帯としては特質するものがあり、もう一クラス上の プログレードに迫る勢いである。数年前のXZより確実に進化していることがよくわかります。とくに細かな ところが丁寧かつ正確に再現できるようになったように思います。実写と同様アニメも申し分なしで 再生するデッキを選ぶことなくどのタイプにも合うといったら大げさですが、そのデッキの良さを引き出して くれるテープといえるでしょう。

-- 力強く繊細な音 --

余裕のあるハイファイ音が楽しめる。ふくよかな低音と伸びきった高域が上手くバランスして気持ちいい。 自然と震えるアナログ調?の低音は目を瞑っていると自然音と勘違いするほどリアルでした。高音はシャキとして デジタル録音されている元ソースを崩すことなく模り、その記録能力は高い。

-- 信頼性に疑問を感じるが --

えーこれは書くべきかスゴク迷ったのですが、上級グレードとしてあまりにも酷い固体、またそれに順ずる現象 が幾度かありましたので思うところを述べさせていただきます。同社の単品売りテープを何度となく購入、使用 してきましたが不具合の頻度が非常に多かった。テープ表面のキズ?か何かでノイズが出るのです。ノイズ というより画面が乱れるといったほうが近いかもしれません。ドロップアウトの域を越えて酷い時は終始、 断続的にノイズ、乱れが現れます。これが10本パック物だったらいたし方ないかとも思うのですが単品もので DVHSにも記録エラーが生じたことがあります。信頼性には問題がある。折角優れた性能をもったテープなのに勿体無い。 極端な話、これさえ改善されれば他の追随を許さないほど強固になることでしょう。
くっきり■■■■■■■■■+9 めりはり■■■■■■■■■■■■■■+14 カラー■■■■■■■■■■■■■■■+15
【標準】
★★★★☆
【3倍】
★★★★
【アニメ】
★★★★
【実写】
★★★★☆
【音質】
★★★★
【ドロップ】
★★★★
【安定性】
★★★
【お奨め度】
★★★★
【信頼性】
★★
【総評】
★★★★

[PR]レーモンド松屋DVD販売電王堂