-- Konica ST-120SV06 --

それでは最初はコニカからいきましょう。何処の量販店に行っても町の電気屋さんに行ってもお目にかかれない 幻のスーパーVHSカセットテープです。これを見つけるのは至難の業でして、とくに地方では皆無に近い と思います。VHSならドラッグストアーなどに山積みされているのはよく見られますがS-VHSは極めて 珍しいでしょう。コニカと言えば、えっコニカって、あの、ピッカリコニカのコニカなの? あのサクラカラーのコニカなの?そうなんです。完全に自社製造なのかOEMなのか定かではないので すがコニカはS-VHSテープも供給していたのです。このテープ購入にあたって結構苦労しました。 地方ということもありますが、マイナーなのか何処の店にも見当たらない状態でした。このことを知人に 言ったところ、それなら某量販店の知り合いの店員さん頼んであげるよということで何とか入手しました。 普及価格帯のSテープが1本880円というのはちと高い気がしないでもないですが、 でも、よくよく考えてみると1本だけよく取り寄せてくれたもんだと感心しました。あの大型店でSテープ を個人的に1本だけ仕入れてくれなんて通常なら絶対無理な話でしょうから。

カセットデザイン
-- 控えめにして繊細な画調 --

全体的に穏やかな画調で色も控えめ、かと言って解像度を抑えるタイプではなく細かなところまで シッカリ描きそつの無い映像を視せてくれます。録る映像によってはS/Nが若干落ちているようにも見 えなくは無いようですが、つぼにはまるとゾクとするような絵を見せてくれます。たとえば原色がハッキリ 分かれているような時、赤や青のチェック模様の洋服や京都の舞子さんのような化粧をしたときの画質は 、おおっこれはイイ!と感動をおぼえそうになったりしました。アニメなんかも奇抜に見せるタイプではな いので華やかさには欠けるかも知れませんが落ち着きがあり見ていて疲れない。時折大きなドロップの出現 が気になるところだが多分これは個体差だろうと推測する。むしろ平均のノイズの出方は少ない方だ。 三次元YC分離DNRやTBCが装備されているデジタル補正の上級機での再生もいいですが TBCが無くとも基本性能がしっかりしたバブル期のデッキで再生してもこのテープの良さが味わえる。

-- コニカな音が新鮮 --

音質はハイファイらしい艶と透明感と勢いを兼ね備えたレベルの高い音が楽しめました。どちらかというと 硬質ではありますが繊細な音場を描き各楽器とボーカルの分離がよくポップスに向いているかな?。 これでマッタリとした音の旨味が加われば良いのでしょうが、そこまでは無理のようです。 スイッチングによるノイズもみとめられず聴いていて安心感がある。まあ、このてのノイズは再生する デッキの良し悪しが大きく関わってきますので一概には言えませんね。バブル期の三菱V6000くらいで 音質チェックするともっと違った印象が生まれてくるのでしょうが。

【キャッチコピー】
高画質・高音質にこだわった録画におすすめ。大画面、ワイド画面テレビの録画に最適の優れた高解像度映像。 デジタルオーディオ対応の高品位音質。マスターテープ用に最適。

【一言】予想に反してよくできたテープでした。控えめでいて繊細、まさにこの言葉がピッタリの一本で 苦労して探して本当によかったです。冗談抜き社交辞令じゃないですよ。
くっきり■■■■■■■■■+9 めりはり■■■■■■■■■■■■■■+14 カラー■■■■■■■■■■■■■■■+15
【標準】
★★★
【3倍】
★★★
【アニメ】
★★★☆
【実写】
★★★☆
【音質】
★★★☆
【ドロップ】
★★★☆
【安定性】
★★★☆
【お奨め度】
★★★
【信頼性】
★★★
【総評】
★★★☆

[PR]レーモンド松屋DVD販売電王堂