-- Sony 3VXST-120VL --

赤いリッドが一際目を引くカセットデザインが特徴のソニー製SVHSテープです。同社のSテープは99年頃から 性能、品質が飛躍的にアップし他の有名ブランドと肩を並べるまで熟成されてきました。というのも赤いリッド になる前と直後、一時期のロットはお世辞にも高品質とは言いづらかった。色も褪せっぽかったしSNもあま りよくなく、ドロップアウトの頻度も異様に多かったように記憶しています。それがこのVシリーズになって から目を疑うほどの高品質になり再生画質も極めて高いレベルに達したと言っても過言ではないでしょう。 私自身このテープをよく使わせてもらっていていますが品質に不安を感じたことはありません。

カセットデザイン
-- 原色の強さが魅力 --

このテープはどちらかというと原色など濃い色を鮮やかに見せるタイプで再生するデッキの相性が合えば 驚くほどプラス方向に印象が傾くことでしょう。原色に弱い古いタイプのデッキではこのテープの良さは 出せないかと思います。また必要以上に再生画を演出するデッキにも不向きかもしれないですね。 ビクター機でいうとW5では良好ですがX3のような色載せタイプには向いていないです。高級機ではないですが 中堅に位置する日立DT-DR1のSVHS再生では比較的相性はよかったです。アナログ特有の輝度ノイズの量も このクラスとしては少なく安心して見ていられるのが強みか、鮮明で良好な解像感を兼ね備えたテープに 仕上がっているひとつに数えもいでしょう。

-- ニュートラルな音質に安心感 --

音質もいいです。て低音から高音までエネルギッシュでありながら繊細な表現に長け楽器や歌声の再現能力が 素晴らしい。ぶちぶち音も極小で聴き入っている途中でノイズに悩まされることもありません。 少し気になるところはテープの品質に多少バラツキがあるように思います。これはどこのメーカーにも言える ことですが低価格のなみと海外での組み立てのしわ寄せ?かは定かではありませんが数本に一本、大きな ドロップアウトが発生するものがあります。断続的に発生するのではなく、ある一部分だけ急激にノイズが 入るといった現象ですね。頻度は低いですが多分テープ表面にキズか痛みかがあるのは確実のようです。

【キャッチコピー】
「きわだつ高解像度S-VHS」納得の高画質、3倍モードもシャープな映像。こだわりの録画をきわだつ 高解像度でお楽しみいただけます。
くっきり■■■■■■■■+8 めりはり■■■■■■■■■■■■■+13 カラー■■■■■■■■■■■■■■+14
【標準】
★★★☆
【3倍】
★★★
【アニメ】
★★★☆
【実写】
★★★☆
【音質】
★★★☆
【ドロップ】
★★★
【安定性】
★★★☆
【お奨め度】
★★★★
【信頼性】
★★★☆
【総評】
★★★☆

[PR]レーモンド松屋DVD販売電王堂