-- maxell ST-120SV(B)S --

日立マクセルも記録メディアを代表するメーカーとして君臨する一流ブランドであります。 一般人といいますか私の周り知人なんかに聞くとテープはやっぱりマクセルが良いよね!なんて言われることが 多く、それだけ高性能なブランドイメージとしてインプットされているようでです。勿論イメージだけではなく 製品にも最新の技術が投入させ品質、性能ともに裏打ちされたものであり、いまだにマクセルファンは少なくありません。 マニアに好評だったプロテープが製造されなくなったのは残念でした。売れ行きが悪いのは解りますが、 できればブランドイメージの一環としてプロ、またそれに変わるものを製造し続けてほしかったのは言うまでもありません。

カセットデザイン
-- 清楚で上品な画調は健在 --

落ち着きがあり清楚、派手ではないのですが綺麗に描く絵作りが前品の特徴でした。本品もその流れを受け継ぎ 上品さはキープされている。清楚という表現は必要以上に着飾らなくとも美しさを醸し出すスッキリした画調 でしょうか、きつくなりすぎない原色と引き締まった淡い色、拡張しない輝度特性など、どちらかと言うと 地味な絵作りですが細かなところも丁寧に描き出す職人肌のようなタイプです。ドロップアウトによるノイズも この価格帯としてはよく抑えられていて発生頻度も少ない。相性的にはニュートラルタイプでも大丈夫ですが 以前のビクター機のような派手な絵作りにも結構いけるオールマイティなテープとも言えない事は無い。

-- 素直で真っ直ぐな音 --

デジタル録音された音源をストレートに表現するさまは聴いていて気持ちがいい。当然元ソースに比べ 情報量は減るわけですが音源の輪郭を極力損なわない信号記録能力は高いレベルにあり普及価格帯としては 申し分ない。余分なノイズの量も極小でアコースティックな弾き語りや無音部分から大音響に移行する 交響楽にも違和感を感じない。

【キャッチコピー】
「大画面に差が出る」S-VHS保存録り、大画面でも画質に差が出る高密度磁性体で、大画面テレビでも明 るく、鮮明、高画質な映像。
くっきり■■■■■■■■■+9 めりはり■■■■■■■■■■■■■+13 カラー■■■■■■■■■■■■■■+14
【標準】
★★★☆
【3倍】
★★★☆
【アニメ】
★★★☆
【実写】
★★★★
【音質】
★★★★
【ドロップ】
★★★☆
【安定性】
★★★☆
【お奨め度】
★★★☆
【信頼性】
★★★☆
【総評】
★★★☆

[PR]レーモンド松屋DVD販売電王堂